· 

【店長ブログ】メキシコのブラッキー

どうも、店長です。

 

今回もストラトキャスターのお話を。

どうぞ、お付き合いくださいませ。

 

黒いストラトといえば、Eric Claptonですね。

はー、シブい、とてもシブい。

 

うちで発売中の黒いストラトキャスター、

『Fender mexico ~フェンダーメキシコ~ ストラトキャスター』

 

その名の通り、メキシコの工場で生産された、Fenderのストラトキャスターです。

Fender USAと同じ木材、機械を使っているそうです。

ほぼUSA製ですね。ブランドとして『フェンダーメキシコ』というものはないようですね。

 

 

 


メキシコ製にもいくつかシリーズがあり、

その中でも、レリック加工を施したシリーズ『Road Wornシリーズ』というのがあります。

 

 

レリックとは、長年使い倒したように傷をつけたり、塗装に加工を加える加工なのですが、

 

うちのストラトは加工したレリックではなく…

 

天然。

ナチュラル。

自然な傷。

年月を経て…姿になっております。

(1995〜96年製)

 

 

 

まさに!

Road Wornシリーズ以上に、

Road Wornシリーズなんです!

 

 

そうですね!

 

何言っているかわからないですね!


さらに、Road Wornシリーズと同様、Fenderのピックアップ、『Tex-Mex Pickups』を搭載しております。

 

店長の主観ですが、中低音がとても豊かでビンテージ系のピックアップよりブリッジは歪んでくれます。

ストラトらしい高域も感じられるし、フロントとセンターは温かいサウンドですね。

 

クランチ気味のカッティングは、まさにストラトそのもの!というサウンドです。

 

使いやすいオーソドックスなサウンド、

風格ある、そのルックス…

 

シブい!シブいやつなんです〜!


Eric Claptonには程遠いですが、

試奏動画ございますので、

参考になれば幸いでございます。

 

黒いストラトって、見た目がザ・ギター!って感じで

良いですよね。

 

あと、ネックの使用感と言いますか、年月が経った感じが、これまたシブいです。

 

その辺もご覧いただきたいです。

 

うちのブラッキー、

『Fender mexico ~フェンダーメキシコ~ ストラトキャスター』

 

おすすめでっせ。

 

 

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 ではまた!